樹齢にこだわる


板は主としてダイニングテーブルになります。

したがって樹齢が約250年以上で幅800ミリ以上ある1枚板にこだわって製作しています。

 

近年、太い樹が大変少なくなっており、このまま行くと「2・3枚はぎ」のテーブル製作に移行しなければならない日が来るかもしれないと心配しています。

 

栃(トチ)・欅(ケヤキ)・桜(サクラ)など国内材にもこだわってきましたが、近ごろ若い方を中心に大変人気のあるブラックウォールナットやブラックチェリー材等のご要望にもお応えできるようにしております。